退職祝いに贈るオススメのメッセージは何?

同じ会社でずっと働いてこられてきんぞく年数何十年と言う方が退職される際には、心のこもったメッセージがとても喜ばれます。お世話になったことへの感謝の言葉や、苦労や頑張りに対する敬意を表わせばよいものです。

心からのメッセージ

おおまかに言うと長年勤務、尽力したことへの感謝の気持ちやねぎらいの言葉、会社での具体的な思い出や敬愛の念今後の体調へのはいりょと今後への応援。しかしいざ書くとなるとなにを書けばいいか悩んでしまいます。退職される方との関係性にもより内容も変わってきます。あまり接点のない人へは短い間でしたが、お世話になりましたなど。あまり話す機会はありませんでしたが、仕事が早くていねいだと部長がいつも褒めていましたよなど実体験を書く。今後のご活躍をお祈りしていますやいつもランチタイムの休憩室でお会いしてましたよねといった体験や、もうご一緒できないのが残念です新たな職場でもがんばってくださいなどぶなんなエピソードが良いですね。

別シチュエーション

部下や後輩への場合は、新卒で入社してきたのが昨日のように思えますが新天地でも、我が社で学んだことを活かしてくださいと前向きな言葉を書いたり、活躍を祈っていますなどこれからも頑張ってといった背中を後押しすること文が好ましいです。長く働かれてきた目上の方へは長い間お疲れ様でした下で働かせていただき、仕事に対する姿勢などたいへん勉強になりましたこちらも日々精進いたしますといった文例が良いです。入社当時にとても優しくご指導くださったこと、とても感謝しています、新たな道を切り開いていかれるとのこと、さらなるこんごのご活躍をお祈りしていますといった敬意を払うのがベストです。

これだけはまもっておきたいマナー

どんな場合でも、相手に失礼にならないようにするためには、気持ちを込めてマナーを守ったメッセージを書くことが大切です。退職祝いですので、メッセージと一緒におくり物をするとさらに喜ばれ感動していただけます。定年退職などの場合は名入れのギフトも良いでしょう。名入れできるギフトとしては、例えば、日本酒や焼酎などのお酒類、コップや湯呑やお箸や器など、記念に思い出に残る品物に名入れをしてわたす。とくべつに用意されたことを感じられればきっともらう側も喜んでくれるでしょう。あとは定番ではありますが、綺麗な花束を渡すのがいちばんよろこんでいただけると言えます。シチュエーションも大切ですので、社員みんながあつまったタイミングでプレゼントするのがタイミング的にも理想的です。