退職祝いの予算って

退職祝いは一緒に同じ職場で働いてきた同僚に対して、感謝の気持ちを込めて個別や連盟で相手に贈ることを目的としています。退職には様々理由がありますが部署内で役職に就いている方の転職であったり、定年退職をするという方に向けては金封は避ける必要がありますし、金封の場合はお返しを考える方も多いので快く新たな門出を祝う時には相手が気兼ねすることがないように金封ではなく贈り物を贈ることが一般的だといわれています。

具体的な予算

退職祝いの贈り物の予算は個人的に贈るものであれば5,000円から1万円ほどで、連盟の場合は3万円から5万円が相場であり、退職祝いのマナーとして沢山の物を色々な人からもらうよりも、部署内でまとめて良いものを贈ることが大切であり、退職祝いの企画を自分が任された場合は部署内で内密に予算を決めておき、役職ごとに金額を定めて徴収しワンランク上の上質なものを選ぶと喜んでもらえます。

気を付けるべきこと

この時退職する方に向けて贈る物としてタブーといわれているのが、下着や靴、靴下などの下を想起させる物です。これらの贈り物は「踏み台にして上に行きます」という表現にあたると考えられるためで、新たな門出であるということでその人がもらって喜ぶものを選ぶことが1番大切となります。また贈り物の定番であるハンカチもタブーとなっており、退職は新たな門出の人に対して別れを意味するハンカチは適していません。他にも筆記用具を贈る行為は相手に対して、「もっと勉強をしてください」という表現が込められてしまうので門出にはふさわしくありません。 退職祝いの贈り物として花束を贈るという方は少なくありませんが、このときに好ましいといわれる花の一つがバラであり、バラは「愛」を表現する花でもあるので感謝の気持ちを伝えるのに適しています。他にもカサブランカも威厳や純潔、高貴といった花言葉があり目上の方の退職には尊敬の念を示す時に適しています。

連名で贈るコツ

連盟でお花を贈る場合は3万円~5万円ほどの予算が建てられるので、花束と一緒に何か他の物も一緒に合わせて贈るという方法もとることが出来ます。 ただ花束に選ぶ花は、どんなに美しくても「死」や「別れ」を連想させる花は用いないことがマナーとなっています。このように贈り物の予算やマナーをきちんと理解して、相手が喜ぶ上質な物を選ぶことが1番大切になります。贈るタイミングも大切で、個人的な贈り物なら同僚の目に付く場所で渡してしまうのは上下関係もあるので他の人が渡すタイミングを失わせてしまう可能性があります。そのため個人的に時間を作ってもらい渡すことをおすすめします。