退職祝いでしてはいけないタブーのこと

退職祝いを考えるにあたり、相手に贈ってはいけないタブーのプレゼントがあります。知らずに贈り、恥をかいては大変ですので、そうならないためにも以下のマナーを把握しておきましょう。

注意点

まずは、一般的にタブーとされている贈り物についてです。相手の負担を考えて、高価すぎるものやサイズが大きすぎるものは避けるようにしましょう。高価すぎるものを貰ってしまうと、相手は気兼ねしてしまったりお返しをせざるを得ない状況になります。また、大きすぎるプレゼントは持ち帰る際に負担となるため、避けるのが無難です。

避けるべき物

続いて、ナイフや包丁などの「切る」ものは「縁を切る」ことを連想させることから、贈り物としては避けた方が安心です。同じような理由から、「縁が壊れる・割れる」ことを連想させる鏡やガラス製品、陶器も避けた方が良いという考えがあります。 その他に、お花は退職祝いの贈り物として定番ではありますが、贈る花の種類には注意する必要があります。例えば、棘が付いたバラ・サボテン・アロエなどの種類は、「縁を傷つける」ことから縁起が良くないという考えがありますし、弔事に使用される白い菊もお祝いの花には相応しくありません。花がぽとりと落ちてしまう椿も、「首が落ちる」ことから死を連想させるとして、タブーとする考えがあります。花を贈る場合は、お祝いの花として縁起が悪くないかをきちんと調べた上で選ぶことが大切です。

贈り物を贈る相手

次に、退職祝いを贈る相手によってはタブーとなる贈り物があります。例えば、現金は目上の方に贈るものとして相応しくありません。金額が明確に分かりますし、相手を下に見ていると受け取られてしまいます。また、目上の方に対して、文具・時計・鞄などを贈るのも避けた方が無難です。文具は「勉学に励め」という意味に通じ、時計・鞄などは「仕事にまじめに励め」という意味に通じるからです。相手に対して失礼な意味を与えてしまうため注意しましょう。 なお、退職の理由が結婚などで、そのための「結婚祝い」を包んで渡す場合などは、当然ながらマナー違反ではありません。逆に言えば、結婚祝いや病気・災害見舞、香典などを包む場合以外には、現金を贈り物に選ぶことは避けましょう。 以上が、退職祝いで避けた方が良いタブーの内容です。相手から「この陶器が欲しい」といったような具体的な希望がある場合は例外ですが、自分たちで贈り物を選ぶ際は、一般的なマナーに沿って選んでおくと安心です。

退職祝いに贈るオススメのメッセージは何?

同じ会社でずっと働いてこられてきんぞく年数何十年と言う方が退職される際には、心のこもったメッセージがとても喜ばれます。お世話になったことへの感謝の言葉や、苦労や頑張りに対する敬意を表わせばよいものです。

心からのメッセージ

おおまかに言うと長年勤務、尽力したことへの感謝の気持ちやねぎらいの言葉、会社での具体的な思い出や敬愛の念今後の体調へのはいりょと今後への応援。しかしいざ書くとなるとなにを書けばいいか悩んでしまいます。退職される方との関係性にもより内容も変わってきます。あまり接点のない人へは短い間でしたが、お世話になりましたなど。あまり話す機会はありませんでしたが、仕事が早くていねいだと部長がいつも褒めていましたよなど実体験を書く。今後のご活躍をお祈りしていますやいつもランチタイムの休憩室でお会いしてましたよねといった体験や、もうご一緒できないのが残念です新たな職場でもがんばってくださいなどぶなんなエピソードが良いですね。

別シチュエーション

部下や後輩への場合は、新卒で入社してきたのが昨日のように思えますが新天地でも、我が社で学んだことを活かしてくださいと前向きな言葉を書いたり、活躍を祈っていますなどこれからも頑張ってといった背中を後押しすること文が好ましいです。長く働かれてきた目上の方へは長い間お疲れ様でした下で働かせていただき、仕事に対する姿勢などたいへん勉強になりましたこちらも日々精進いたしますといった文例が良いです。入社当時にとても優しくご指導くださったこと、とても感謝しています、新たな道を切り開いていかれるとのこと、さらなるこんごのご活躍をお祈りしていますといった敬意を払うのがベストです。

これだけはまもっておきたいマナー

どんな場合でも、相手に失礼にならないようにするためには、気持ちを込めてマナーを守ったメッセージを書くことが大切です。退職祝いですので、メッセージと一緒におくり物をするとさらに喜ばれ感動していただけます。定年退職などの場合は名入れのギフトも良いでしょう。名入れできるギフトとしては、例えば、日本酒や焼酎などのお酒類、コップや湯呑やお箸や器など、記念に思い出に残る品物に名入れをしてわたす。とくべつに用意されたことを感じられればきっともらう側も喜んでくれるでしょう。あとは定番ではありますが、綺麗な花束を渡すのがいちばんよろこんでいただけると言えます。シチュエーションも大切ですので、社員みんながあつまったタイミングでプレゼントするのがタイミング的にも理想的です。

退職祝いの熨斗に悩んだとき

会社に勤めた人が退職する時には、その退職者の長年の勤務への慰労や感謝の気持ちを込めて、社員たちが退職者のために宴会を設けたり、退職祝いとしてプレゼントをあげるのは日常的によく見られることです。退職祝いとしてどんなプレゼントをあげようかと大概は迷うもので、またその贈り物に熨斗をつけるかどうかも迷ってしまいます。

無難な熨斗

基本的には退職祝いに熨斗をつけた方が無難です。このことで正式的に感謝の気持ちを伝えることを相手に表現できるし、特に辞める人が上司や定年退職者の時は格式を考慮に入れて、贈り物には必ず熨斗をつけましょう。退職祝いに贈る品物につける熨斗は水引に毛筆で御礼と書くのが基本です。水引の色は紅白を使い、のし紙に水引が印刷されている場合は赤と銀或いは赤と金を使用してください。更に蝶結びのものを使います。水引の本数は五本か七本のものを選びます。のし紙の表書きには御礼と記します。水引の表書きの真下に贈り主の名前を書きます。会社の部署からのプレゼントなら「上下株式会社営業部一同」のように二行で書き、部署名の方を会社名より大きく記し、個人で贈るなら自分の氏名をはっきりと書きます。連名で書く場合は三名までは連名で書いてもよいですが、右から地位の高い順に名前を記します。

連名と表書き

連名が四名以上の時は「一同」と書いた方がいいです。のし紙の表書きや宛名には正式には毛筆を使いますが、毛筆が使いにくい場合は筆ペンやフェルトペンを使って書いて、ボールペンや万年筆は避けてください。筆記用具の色も必ず濃い色の墨や黒インクを使い、他の色は使用しないでください。表書きに書く文字は御礼以外に謹呈としても良く、御礼の言葉よりは正式になるので改まった感じにしたい時には謹呈の言葉をお勧めします。定年まで勤務した人には御祝、御退職御祝などと表書きに祝の文字が入った言葉を書くのは構いませんが、退職者の本意ではない退職の時は祝の文字は避けるべきです。

内熨斗と外熨斗

熨斗のかけ方には「外のし」と「内のし」の二つの方法があります。外のしは包装紙の上にのし紙でくるむことで、これは手渡しなどの贈る目的がすぐに伝わるようにするためです。これに対して内のしは品物にのし紙をかけて、その上から包装紙でくるみ外からはのしが見えないようにします。品物を郵送する時は内のしにして、のし紙が汚れたり水引に傷がつかないようにします。プレゼントなら内のしが良いとされていますが、退職祝いとして手渡しするなら外のしでも構わないでしょう。

退職祝いの予算って

退職祝いは一緒に同じ職場で働いてきた同僚に対して、感謝の気持ちを込めて個別や連盟で相手に贈ることを目的としています。退職には様々理由がありますが部署内で役職に就いている方の転職であったり、定年退職をするという方に向けては金封は避ける必要がありますし、金封の場合はお返しを考える方も多いので快く新たな門出を祝う時には相手が気兼ねすることがないように金封ではなく贈り物を贈ることが一般的だといわれています。

具体的な予算

退職祝いの贈り物の予算は個人的に贈るものであれば5,000円から1万円ほどで、連盟の場合は3万円から5万円が相場であり、退職祝いのマナーとして沢山の物を色々な人からもらうよりも、部署内でまとめて良いものを贈ることが大切であり、退職祝いの企画を自分が任された場合は部署内で内密に予算を決めておき、役職ごとに金額を定めて徴収しワンランク上の上質なものを選ぶと喜んでもらえます。

気を付けるべきこと

この時退職する方に向けて贈る物としてタブーといわれているのが、下着や靴、靴下などの下を想起させる物です。これらの贈り物は「踏み台にして上に行きます」という表現にあたると考えられるためで、新たな門出であるということでその人がもらって喜ぶものを選ぶことが1番大切となります。また贈り物の定番であるハンカチもタブーとなっており、退職は新たな門出の人に対して別れを意味するハンカチは適していません。他にも筆記用具を贈る行為は相手に対して、「もっと勉強をしてください」という表現が込められてしまうので門出にはふさわしくありません。 退職祝いの贈り物として花束を贈るという方は少なくありませんが、このときに好ましいといわれる花の一つがバラであり、バラは「愛」を表現する花でもあるので感謝の気持ちを伝えるのに適しています。他にもカサブランカも威厳や純潔、高貴といった花言葉があり目上の方の退職には尊敬の念を示す時に適しています。

連名で贈るコツ

連盟でお花を贈る場合は3万円~5万円ほどの予算が建てられるので、花束と一緒に何か他の物も一緒に合わせて贈るという方法もとることが出来ます。 ただ花束に選ぶ花は、どんなに美しくても「死」や「別れ」を連想させる花は用いないことがマナーとなっています。このように贈り物の予算やマナーをきちんと理解して、相手が喜ぶ上質な物を選ぶことが1番大切になります。贈るタイミングも大切で、個人的な贈り物なら同僚の目に付く場所で渡してしまうのは上下関係もあるので他の人が渡すタイミングを失わせてしまう可能性があります。そのため個人的に時間を作ってもらい渡すことをおすすめします。